食育と、子どもと一緒に料理をすることの関係を考えよう

食育というのは、食を通して心や体を育てて行こうという取り組みの事を言います。政府としても取り組みを強化しており、また学校でも食育に対する取り組みが行われるようになっているほど、食育に対する関心は高まっています。しかし、学校よりも家にいる時間の方が長いですし、家で食事をすることの方が多いのですから、家庭でも食育に関する取り組みをすることはとても大切なことなのです。

食べることは毎日行うことであり、生活の基本であると言ってもいいものですよね。そのため、三食規則正しく食べることや、食事の時のマナーを守ることなどが、生活習慣を身に付けることにつながります。それから、食べ物に対する関心を持ち、また食べられることに感謝する気持ちも大切ですよね。

食べることができることが当り前ではなく、動物や植物を口にしているのだという意識を持つことも必要です。そういったことが、豊かな心を持つことにつながるのです。このように、食べるという行動一つにもいろんな意味合いがあるんですよね。

それから、体を育てることに関して言えば、やはり規則正しく食べることと好き嫌いなくバランスの良い食事をすることが関係してきます。そこで、大人はいろいろ考えながら食事を作ることになるのですが、子どもがなかなか食べてくれないと思うこともあります。

私自身、以前は子どもの好き嫌いが多くてどうしようと思いながら料理をしていました。だから、食べないものがあると気になって仕方がありませんでした。でも、食べないことだけに意識が向いてしまうと、今度は食事の時間の楽しさが失われるような気がしました。

食べることは確かに大切なことですが、無理やり食べさせるというのはまた違う気がしますし、そうなると子どもの中にも不満しか残りません。言葉で大切だからと言い聞かせても、それがすんなり入らない状態になってしまうんですよね。そうなると、食育の目的となっている食に関心を持つことから離れることになります。

そこで、楽しみながら食に関心を持つためにはどうしたらいいのかと思った時、以前聞いたことがあった、一緒に料理をしてみることを思い出したんです。自分が料理したものだったら、多少苦手だと思っても食べてみようかなと思うえることもあるんですよね。そこで、子どもにできるようなことを実際にやらせてみました。

そうしたら、思った以上に楽しそうに料理をしていました。それがきっかけで、今まで苦手だった野菜を一口でも食べてみようとする姿が見られるようになって、ほっとしたのと同時に自分でさせてみることの大切さも感じました。子どもの方から作りたいものをリクエストすることもでてきたので、そういう時には時間が許す限り一緒にするようにしています。

自分で作る経験をしたら、料理の楽しさや難しさを感じたようで、残さないで食べようということも実感できたようです。自分がしたことのあることなら、想像しやすいですよね。それが、言葉だけで言うよりも子どもの中により印象を残すということになります。そのため、一緒に料理をすることによって食に関心が持てるようになり、それが結果として食育につながるということが言えるのです。

やっぱりうまくいく方が楽しい!簡単レシピを活用しよう!

それでは、食育に役立てることを目的として、子どもと一緒に料理をする時の事を考えてみたいと思います。一緒に料理をすることの狙いは、子どもに食に関する関心を持たせることです。そこで気をつけたいのが、最初は楽しく料理ができることが大切なので、失敗しそうなことはしないということです。

いきなり難しいことから始めてしまうと、料理が楽しいと思う前に料理は難しいから嫌だと感じさせてしまう可能性もあります。そうなると、今後も続けようという気持ちが起こりにくくなってしまします。それに、小さいお子さんと一緒にする場合は、できることも限られてきますよね。そこで、小さいお子さんと一緒でもできるような料理を考える必要があります。

そんな時に役立つのが、簡単レシピです。簡単レシピと名がついているものはかなりの数出回っているのですが、その中には本当に混ぜるだけとか固めるだけとかいったものも含まれています。そういう少ない手順で作れるものであれば、小さなお子さんとでも一緒に作ることができますよね。

そこで、そのようなレシピを探そうと思った時、役に立つものはいろいろあります。まず、一番手軽なのはインターネット上で検索することかもしれませんね。インターネット上にはいろんなレシピが載せられていますし、同じものを作るのでも様々な作り方があるものです。

私自身がレシピを検索する時によくやることなのですが、同じ出来上がりになるもののレシピをいくつか比べて、その中で一番簡単に作れる方法を選ぶと、より手軽に料理をすることができます。

それから、本や、料理を特集したブログなども参考になりますね。こういったものの中には、大人が手を掛けて作る目的で書かれたものもあれば、子どもでもできるような簡単なもので料理ができることを狙って書かれたものもあります。小学生向けの料理の本なども、探せば見つかるんですよ。

そういうものであれば、もともと子どもの目線で書かれたものなのでお子さんでも理解しやすいですし、大人が手伝うとしてもやりやすくなっていますよね。最初はそういうものから始めて、いろんなものに挑戦してみることが一番です。もちろん、手を掛けた分美味しくなるということもあるかもしれませんが、そうでなくても美味しく作れるものもあります。

大人が一人で作るのであれば、こだわってより美味しいものを作るというのも楽しいですよね。しかし、子どもと一緒に作る場合は、こだわって難しい方法で作るよりもまず料理ができた、楽しかったとお子さんが思えることの方が大切です。そのためにも、簡単レシピを活用するといいということですね。

何を作っていいのか分からない時も、簡単お菓子、簡単パスタなどいろんな特集をしているサイトもありますから、思いつかないという時にはそういう漠然としたところからレシピを見つける方法もあります。これを作ろうと決めているのならそれに合わせて探せばいいですし、そうでなくても探す方法もあるということなんですよね。

そういったものを利用しながら、いろんなレシピを見つけてお子さんと一緒に料理を楽しみたいものです。料理をして楽しかったという経験を通して、お子さんの関心が食に向くのです。

slide

一番大切なのは【楽しむこと】です!そのために考えるべきこと

一緒に料理をすることを食育と関連させて考える時、子どもがやりやすく、楽しくできるようにすることが一番大切になります。そのためにはどうすればいいのか、考えてみました。

slide

作ったものは“美味しく”食べよう!それが次の意欲に繋がります

料理は作って終わりではなく、それを食べるところまでが一連の流れです。そこで、作ったものは美味しく食べることで、子どもに次も頑張ろうと言う意欲が出てきます。

slide

どうやってレシピを探したらいい?簡単料理の見つけ方

簡単レシピの探し方について考えてみました。いろいろある中で、自分に合ったレシピが見つかるといいですね。

slide

料理をする時、どんな会話・言葉がけが効果的ですか?

食育という観点から料理を考える時、した方がいい会話や掛けた方がいい言葉があります。それはどのようなものなのか、考えてみました。